【セレブのスーパーフード】”クコの実”でシトルリンを美味しく摂取!

健康×シトルリン「【超有名セレブも愛するスーパーフード】アサイーに次ぐ美容食材”クコの実”でシトルリンを美味しく摂取!」クコの実の画像

スーパーアミノ酸と呼ばれているシトルリンを多く摂取できる野菜で有名なのはスイカ等のウリ科ですが、ウリ科は季節野菜なのでシーズンが過ぎてしまえば食べることが出来ません。
キュウリやニンニクにも含まれてはいますが、スイカのシトルリン含有量に比べて0.05%にも満たないので十分な摂取が出来ないでしょう。

そこでお勧めしたいのが最近注目されている食材が”クコの実(別名:ゴジベリー)”です。私達日本人には余りなじみのない食材ですが、杏仁豆腐の上によく添えてある赤い実と言えば分かる方もいるのではないでしょうか。
実は今、このクコの実が世界中のセレブで流行していて世界のマドンナミランダ・カーも美容と健康の為に摂取しているのです。
今回はシトルリンを始め、多くの成分を含んでいるスーパーフードのクコの実を解説し、効果や注意点などをご紹介します。

いま世界で流行りのクコの実を徹底解説!

健康×シトルリン「【超有名セレブも愛するスーパーフード】アサイーに次ぐ美容食材”クコの実”でシトルリンを美味しく摂取!」ミランダ・カーの画像

引用元http://iam-publicidad.org/article/スーパーモデル!ミランダ・カーの超キュートな

クコの実の歴史は3000年前から存在していた!

クコの実は原産が中国・東アジアで枸杞子(くこし)という名称で呼ばれていました。実はお酒や薬膳料理の材料として使われ、根皮は地骨皮(じこっぴ)、葉は枸杞葉(くこよう)として3000年以上前から漢方薬として重宝されます。
世界三大美女と言われている楊貴妃もクコの実を摂取していたようで、その美しさを保つために1日3粒を欠かさず食していたと言われています。

私達の住んでいる日本にも平安時代から伝わっており、文徳天皇はクコの実専用の庭を作らせたり健康に敏感だった徳川家康公も愛用していたようです。

クコの実の栄養成分と主な効果

クコの実がスーパーフードと言われる所以はその栄養価の高さであり、その成分量は1粒に100種類以上含まれています

こんなにも多くの栄養が入っていたんですね!クコの実は漢方薬も出ていますが、一体どのような効果があるかというと、大きく分けて7つが取り上げられます。

  • コラーゲンの生成促進で美肌効果
  • 女性ホルモンのバランスを整える
  • 血行改善で冷え性対策
  • 豊富な鉄分で貧血を予防
  • 脂肪や糖の吸収を抑えて肥満防止
  • 基礎代謝を上げてダイエット効果
  • 目の疲労を取り除き眼病を予防

クコの実はその栄養価の高さから、食べ過ぎると血圧を下げてしまったり血糖値が上がったり、そして妊娠中の方だと早産の可能性があると言われているので、1日20粒までと決めて摂取し過ぎないよう気をつけましょう。

クコの実を使った美味しいレシピ

健康×シトルリン「【超有名セレブも愛するスーパーフード】アサイーに次ぐ美容食材”クコの実”でシトルリンを美味しく摂取!」薬膳料理の画像

クコの実は一年中収穫されるので薬膳料理やデザートの添え物など、多くの料理に使われています。ナス科に分類されているからか単体で食べると甘さはなく、独特な風味と少しの苦みがあるので食材と一緒に混ぜて調理されたり甘いデザートと一緒に出されることが多いです。
クコの実を使った料理にお勧めのレシピはこちらです。

Cpicon 鶏チャーシュー&有機クコの実 by あむのん

Cpicon 舞茸団子とクコのスープ by nyaop

Cpicon クコの実のプチ薬膳スープ by いくみはん

クコの実を使ったデザートやおやつはこちら。

Cpicon ほうれん草とクコの実の薬膳パウンド by 岸田知佳

Cpicon ローズヒップとクコの実のベリースムージー by 香詩苑

Cpicon クコの実チョコ by ニコミコ

クコの実でシトルリンを摂取しよう!

健康×シトルリン「【超有名セレブも愛するスーパーフード】アサイーに次ぐ美容食材”クコの実”でシトルリンを美味しく摂取!」杏仁豆腐の画像

クコの実はスーパーの中華材料コーナーや健康食品のコーナーにあることが多いです。有名人が使用していたりテレビで紹介されることも多くなってきたので、売っていない店舗はないと思われます。
夏の季節は栄養失調になりやすいので是非クコの実を使った料理やデザートを食べて、健康的な夏を過ごしましょう!

用語解説

シトルリン

シトルリン【citrulline】

アミノ酸の一種で遊離アミノ酸に分類される。1930年に日本でスイカから発見された。尿素サイクルの中でアンモニアを分解する働きを担っている。
主にスイカやキュウリなどのウリ科の植物に多く含まれる。

Back

アミノ酸

アミノ酸【amino acid】

生体のタンパク質を構成する成分で、人間の身体の20%はアミノ酸によって構成されている。アミノ酸は20種類存在し、体内で生成することが出来ない「必須アミノ酸」と、体内で生成することが出来る「非必須アミノ酸」で分かれている。

Back

ビタミンB

ビタミンB【vitamin-b】

ビタミンBとは、8種類のビタミン(ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビオチン)の総称で、ビタミンB複合体とも言われる。
アルギニンと同じ働きをする栄養素は「ビタミンB6」でたんぱく質や脂肪の代謝をサポートする。

Back

ミネラル

ミネラル【mineral】

体内で糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並ぶ五大栄養素の中の一つ。
亜鉛・カリウム・鉄などがこれに分類される。体内では生成する事ができない成分だが生命活動を維持するには非常に重要な栄養素である。

Back

基礎代謝

基礎代謝【base metabolism】

生命活動を維持するための活動、またはエネルギーの事。

  • 成人男性の基礎代謝量:1500kcal/1日
  • 成人女性:1500kcal/1日
エネルギー消費量は肝臓が27%、脳が19%、筋肉(骨格筋)が18%で、この3器官のみで6割以上を占めている。

Back