【ペニス増大効果】シトルリンと亜鉛の同時摂取でヘチマ級のペニスに!

ペニス増大効果を目的にシトルリンサプリメントの購入を検討されている方には今回の記事は非常に興味深いものになると思います!

シトルリンは亜鉛との同時摂取でペニス増大効果が倍増します

今回はシトルリンと亜鉛がなぜペニス増大に効果があるのか解説していきたいと思います。

健康×シトルリン「【ペニス増大効果】シトルリンと亜鉛の同時摂取でヘチマ級のペニスに!!」ヘチマの画像

ペニス増大のしくみ

ペニスが増大するしくみを簡単に説明します。ペニスを大きくするに当たって必要なことは大きく分けて2つです。

  1. 血流の改善
  2. 海綿体の増大

この2つがペニス増大には欠かせない要素です。逆に言えばこの2つをクリアする事ができれば間違いなくペニスはデカくなります。

ペニスの構造を知る

男性器は大きく2つの組織で構成されています。

  • 海綿体
  • 動脈

海綿体とは?

海綿体(かいめんたい)とは、スポンジ状の勃起性組織である。
男性の陰茎の勃起中には、陰茎海綿体のほとんどが、血液で占められる。

引用元wikipedia「海綿体」
URLhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%B6%BF%E4%BD%93

ペニスの大部分を占めるのが海綿体です。海綿体に血液が流れ込む事で勃起時にペニスが増大します。

動脈とは?

動物の血管系に於いて、心臓から押し出される血液の流れる血管のことである。

引用元wikipedia「動脈」
URLhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E8%84%88

海綿体へ血液を大量に運ぶ為、ペニスの動脈は太く丈夫なのが特徴です。

ペニスの大部分は「血管」で構成されていた!

海綿体も動脈も平たく言えば「血管」です。この「血管」がペニス増大に深く関係がある事は言うまでもありませんね!
ペニスを増大には

血管を改善する事による「海綿体の増大」「血流の改善」が鍵です!

シトルリンと亜鉛にどんな効果があるのか?

シトルリンと亜鉛がペニス増大に効果があると説明しましたが、この2つの成分はどのように効果があるのでしょうか?

シトルリンのペニス増大に関する効果とは?

シトルリンの働きの一つに

血管の拡げる働きの一酸化窒素の生成をサポートする

というものがあります。 一酸化窒素とは尿素サイクルでシトルリンがアルギニンに変換されると生み出される成分です。血管を拡張し血流を促進する働きがある為、動脈硬化の抑制などに医療用で用いられます。

亜鉛のペニス増大に関する効果とは?

亜鉛は海外では”セックスミネラル”と呼ばれるほどペニス増大・精力増強に効果的な成分です。 ペニスの増大には「海綿体の増大」が必要と説明しましたが、海綿体の増大には成長ホルモンが深く関わっています。成長ホルモンが大量に生成される事で海綿体の成長を促進するのです。
亜鉛は成長ホルモンの生成を促進する作用があり、亜鉛を積極的に摂取する事で結果的に海綿体の増大に効果があるのです。

シトルリンと亜鉛でペニス増大効果が倍増する!

  • シトルリンが増加すると血管が広がり血流が増えます。しかし、血液のタンクである海綿体が小さいとペニス増大の効果は薄くなってしまいます。
  • 逆に亜鉛を積極的に摂取し、海綿体を増大させても血液の量や血流の流れが悪いといまいち大きくなり切れません。

この事から分かるようにペニス増大には

シトルリンと亜鉛の両方が必要!

という事になりますね。

健康×シトルリン「【ペニス増大効果】シトルリンと亜鉛の同時摂取でヘチマ級のペニスに!!」大砲の男性の画像

【ペニス増大効果】シトルリンと亜鉛の同時摂取でヘチマ級のペニスに!!のまとめ

  • ペニスはほぼ血管!
  • ペニス増大には「血流の改善」と「海綿体の増大」が肝!
  • シトルリンと亜鉛の両方がペニス増大には必要!

シトルリンと亜鉛のペニス増大効果について解説してきましたがいかがだったでしょうか?
シトルリンと亜鉛を効率良く摂取する事で「ヘチマ級」のペニスにする事も夢ではありません!
是非、今回の記事を参考にしてシトルリンと亜鉛の効果を体感してみてくださいね!

健康×シトルリン「【ペニス増大効果】シトルリンと亜鉛の同時摂取でヘチマ級のペニスに!!」マッチョの画像

用語解説

シトルリン

シトルリン【citrulline】

アミノ酸の一種で遊離アミノ酸に分類される。1930年に日本でスイカから発見された。尿素サイクルの中でアンモニアを分解する働きを担っている。
主にスイカやキュウリなどのウリ科の植物に多く含まれる。

Back

サプリメント

サプリメント【supplement】

正式には「ダイエタリー・サプリメント」。
食事では補うことのできない栄養素を補給する目的で作られた栄養剤で、錠剤タイプの物が多いが飲料タイプの物も増えて来ているため薬品ではなく「食品」に分類される。

Back

亜鉛

亜鉛【zinc】

金属元素のひとつ。元素記号はZn。
体内のあらゆる働きを助けており、骨や臓器などに非常に多くの場所に含まれている。免疫機能の補助や味覚感知・精子形成などに深く関与している。

Back

海綿体

海綿体【corpus-cavernosum】

スポンジ状の勃起性組織。拡張した毛細血管を持ち、神経系の影響で内部に血液が満たされると膨張する性質を持つ。

Back

一酸化窒素

一酸化窒素【nitric-oxide】

化学式:NO
窒素と酸素から構成される無機化合物。体内では一酸化窒素合成酵素(NOS)によりアルギニンと酸素から合成される。動脈を拡張させて血流量を増やす働きがある。育毛剤・高血圧の治療薬などに使用される成分である。

Back

尿素サイクル

尿素サイクル【urea cycle】

別名:オルニチン回路
脊椎動物の代謝回路のひとつ。体内のアンモニアから尿素を生成する事でアンモニアを無害化する働き。

Back

アルギニン

アルギニン【arginine】

天然に存在するアミノ酸の一種で、人の体内で生成することが出来る「非必須アミノ酸」に分類される。しかし生成されるのは成人になってからであり、幼少期や思春期だと生成することが出来ないので一定期間は「必須アミノ酸」となる。主な効果として成長ホルモンの分泌促進や疲労回復、免疫力向上などが挙げられている。

Back

成長ホルモン

成長ホルモン【growth-hormone】

別名「ヒト成長ホルモン」と言い、脳の下垂体から生涯分泌されている。
臓器の代謝を促し、運動するためのエネルギーとして活躍している。骨を伸ばしたり筋肉などの発達に欠かせない成分だが、老化と共に分泌量が低下していく。

Back