【フライドポテトの危険性】早死のリスクが2倍!その実態が明らかに…

健康×シトルリン「【フライドポテトの危険性】早死のリスクが2倍!その実態が明らかに…」フライドポテトの画像

殆どの人が一度は食べたことがあると思われるフライドポテト。ファーストフード店や居酒屋、レストランにもメニューに載っていて、複数人で行った際に頼む方や持ち帰り用で購入する方もいらっしゃると思います。
そのフライドポテトに健康への悪影響があるという研究結果が明らかになり、大規模な調査の結果「早死するリスクが2倍になる」という結果が出ました。

一体どういう結果が出たのでしょうか?

フライドポテトの危険性が明らかに……

米臨床栄養学会誌(American Journal of Clinical Nutrition)電子版に6月7日に発表された研究結果によると、油で揚げたじゃがいもには形状に関わらず(フレンチフライやハッシュドポテトなど)全て、健康への悪影響または死亡リスクがあることが確認された。油で揚げる以外の調理法で摂取したじゃがいもに同様のリスクはないと見られることから、問題は「揚げること」にあると考えられている。

米、英、イタリア、スペインの研究者らからなるチームは、調査開始時の年齢が45~79歳の男女4400人の食習慣と健康状態を8年間にわたり追跡調査。この期間中に死亡した調査対象者は236人だった。チームは調査対象者の体重や活動レベルなど、研究結果の信頼性に影響を及ぼすノイズと考え得る要因(潜在的交絡因子)については調整を行い、その上で今回の結論を導き出している。

引用元フライドポテトの「残念な事実」が明らかに 早死にリスクが2倍に
URLhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00016675-forbes-hlth

フライドポテトの健康に関する研究を8年も続けていたという事が驚きですが、個人的にフライドポテトは好きなのでこの研究結果にはショックでした……。
考えられる原因として、フライドポテトの制作過程で作られる成分”トランス脂肪酸”が原因だと言われています。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らす、摂取しない方がいい成分と言われています。

更に残念なことに、フライドポテトの中からはトランス脂肪酸の他に発がん性のある化学物質の”アクリルアミドが含まれていることが判明しました。

早死のリスク2倍に加えて発がん性まで出てくると、本格的に食べ過ぎには注意した方がいいようです……時々のお楽しみとして食べましょう。