【副作用ナシ】医薬品に使われてたシトルリンが健康成分になった理由

健康×シトルリン「【医薬成分から健康成分へ】副作用ほぼナシ!?医薬品に使われてたシトルリンが健康成分になった理由」薬の画像

元々は医薬品専用の成分として扱われていたシトルリン。日本でシトルリンが発見されたのは1930年頃の事でしたが、欧米では古くからシトルリンが愛用されていて、疲労回復・精力増大・筋肉増強等の効果があると認められていました。
日本でもシトルリンが発見された後に高血圧や動脈硬化等に効果があると言われており、医薬品として使われていました。

しかし、そんなシトルリンが2007年の食薬区分改正で食品として取り扱うようになったのです。医薬部外品となったのは効果がなかったからか?それとも何が理由なのか?
今回はシトルリンが健康食品やサプリメントの原料として使われるようになった由来について解説していきます。

シトルリンが医薬成分から健康成分になった理由

健康×シトルリン「【医薬成分から健康成分へ】副作用ほぼナシ!?医薬品に使われてたシトルリンが健康成分になった理由」成分表の画像

医薬品として使われていたシトルリンとは

シトルリンは心臓と血管の健康に欠かせないNO(一酸化窒素)の生成を促し、血液の流れをスムーズにすることが出来ます。 それにより、様々な体調管理のサポートをしてくれます。

  • 動脈硬化の予防
  • 集中力の向上
  • 筋肉痛の予防
  • 心疾患の予防
  • むくみ予防
  • 冷え性の改善
  • 男性機能の改善

その為に海外での注目は昔から多く、日本でシトルリンが発見されたのと同じく、1930年代から健康増進の効果があるとして医薬品成分に指定されていました。
日本でもシトルリンは重宝されていて、3大生活習慣病(3大疾患)の内、心疾患と脳血管疾患に対してシトルリンを含んだ血流改善薬が有効であると言われていました。

何故シトルリンが医薬品指定外になったの?

それまでシトルリンの効果は認められ、多くの病気を予防してきました。しかし研究が進み、2007年の食薬区分改正により、シトルリンが医薬品として指定されていた成分から食品でも取り扱える成分として新たに指定されました。
その理由は、シトルリンによる人体への悪影響(副作用)が少ないという事が分かったからです。

医薬品に指定されている成分を食品やサプリメントで使用する際、副作用などの関係で有資格者が必要であったり、臨床実験をおこなって効果を実証させたり、医薬品として商品を登録させなければなりません。
安全性が確認されて医薬品指定外となったので健康食品やサプリメントでの使用も出来るようになり、今ではシトルリンを含んだ健康食品が数多く生産されています。

国から安全性をお墨付きされたシトルリン

健康×シトルリン「【医薬成分から健康成分へ】副作用ほぼナシ!?医薬品に使われてたシトルリンが健康成分になった理由」女医の画像

米国や欧米など、国によってシトルリンが医薬品なのか食品なのかの扱いに違いはありますが、同じ効果をもたらしてくれるのに違いはないようです。
しかし人体への悪影響が少ないとは言え、摂取目安量は決まっていて特定の病気を持った人には摂取に注意が必要のようです。薬局等で買う際は注意書きをよく読んで正しく使用しましょう!

用語解説

医薬品

医薬品【medicine】

病気やケガの治療・予防を目的として使用する薬品。
日本の医薬品医療機器等法では医薬部外品はこれに該当しないとしている。

Back

シトルリン

シトルリン【citrulline】

アミノ酸の一種で遊離アミノ酸に分類される。1930年に日本でスイカから発見された。尿素サイクルの中でアンモニアを分解する働きを担っている。
主にスイカやキュウリなどのウリ科の植物に多く含まれる。

Back

医薬部外品

医薬部外品【quasi drug】

医薬品と化粧品の中間的な分類の薬類を指す。
スプレー式殺虫剤や栄養ドリンク、サプリメントなど多岐にわたる。

Back

サプリメント

サプリメント【supplement】

正式には「ダイエタリー・サプリメント」。
食事では補うことのできない栄養素を補給する目的で作られた栄養剤で、錠剤タイプの物が多いが飲料タイプの物も増えて来ているため薬品ではなく「食品」に分類される。

Back

一酸化窒素

一酸化窒素【nitric-oxide】

化学式:NO
窒素と酸素から構成される無機化合物。体内では一酸化窒素合成酵素(NOS)によりアルギニンと酸素から合成される。動脈を拡張させて血流量を増やす働きがある。育毛剤・高血圧の治療薬などに使用される成分である。

Back

副作用

副作用【reaction】

薬やサプリメントを処方した時、本来の目的以外の好ましくない効果が起こってしまうことを「副作用」と言う。
副作用の症状は処方した薬やサプリメントに含まれる成分によって様々だが、些細なことから命に関わるものまである。

Back