【シトルリンとは?】シトルリンは○○すると幸せになれる

シトルリンは美容や健康的な体作りに拘っている方に人気の成分です。
現在、シトルリンを飲んでいる方やこれからサプリメントを始めようと思っている方向けに今回は

シトルリンは〇〇すると幸せになれる

というテーマでシトルリンに関する幸せになれるポイントを紹介したいと思います。

健康×シトルリン「【シトルリンとは?】シトルリンは○○すると幸せになれる」ぎゃーの画像

シトルリンは○○すると幸せになれる【美容・健康】

美容・健康に関するおすすめポイントです。

スイカの「皮」を食べると幸せになれる

シトルリンはスイカに豊富に含まれていますが、実は皮の部分にシトルリンは集中しているんです。しかも、スイカの皮にはシトルリン以外にもリコピンβ-カロテンなどの美容成分も豊富に含まれてるんです。
美肌効果やダイエット効果を狙うならスイカの皮も食べる事をおすすめします。スイカの皮は漬物や炒めものにして食べるとおいしくたくさん食べる事ができますよ。

Cpicon すいかの皮のピクルス by くまもと5ツ星
Cpicon すいかの皮のきんぴら by liqueur☆

女子は「スイカスムージー」を飲むと幸せになれる

女子に人気のスムージーですが、美容効果の高い「スイカスムージー」はとってもおすすめです。これなら、朝からたっぷりのシトルリンを摂取できますし、ピンク色のスムージーは見た目もオシャレなのでインスタ映えする事間違いなし!

Cpicon スイカジュース 〔スイカスムージー〕 by Kayan83

シトルリンは○○すると幸せになれる【精力増強・サイズアップ】

精力増強に関するおすすめポイントです。

シトルリンは亜鉛と同時摂取で幸せになれる

シトルリンだけでもサイズアップ効果は期待できますが、亜鉛も同時に摂る事でより高い効果が期待できます。
サイズアップには”血流の改善”がポイントになってくるのですが、亜鉛を同時摂取する事でその効果は高まります。

シトルリンとアルギニンでさら幸せになれる

アルギニンはシトルリンと同じアミノ酸 に分類される成分です。シトルリンもアルギニンも成長ホルモンの生成を促進する働きがどちらもありますので、非常に相性の良い成分として有名です。
さらに、アルギニンの同時摂取の副産物として疲労回復や滋養強壮などの効果も得られますので、より健康で活発的な体を手に入れる事ができますよ!

健康×シトルリン「【シトルリンとは?】シトルリンは○○すると幸せになれる」筋肉の画像

シトルリンは○○すると幸せになれる【食べ物・サプリメント】

食べ物・サプリメントに関するおすすめポイントです。

シトルリンはサプリメントで摂取すると幸せになれる

シトルリンの1日の摂取量の目安は800㎎と言われています。
これをキュウリだけで補おうとすると約80本も食べないといけないんですw

とてもじゃないですが1日80本のきゅうりは食べれませんよね。これがスイカであっても約半玉食べないといけないので食べ物だけで摂取は無理があります。

シトルリンをきちんと摂取するならサプリメントとの同時摂取をおすすめします!

シトルリンは牛乳を一緒に飲まない方が幸せになれる

牛乳は胃に膜を張り、胃粘膜を保護するというのは「大酒飲み」の方には通説になっていますね。
これは牛乳による膜が胃からの消化吸収を抑える効果を利用したものですが、シトルリンを摂取する前に牛乳を飲んでしまうとシトルリンの吸収まで抑えてしまう事になります。

特別な副作用などはありませんが、できれば牛乳とシトルリンの同時摂取は控えるべきでしょう。

シトルリンは○○すると幸せになれるのまとめ

シトルリンに関する幸せになれるポイントを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
知っているようで意外に知らないポイントもあったと思いますので、今後のシトルリンの摂取に是非役立ててみてくださいね!

健康×シトルリン「【シトルリンとは?】シトルリンは○○すると幸せになれる」言ったじゃんの画像

用語解説

シトルリン

シトルリン【citrulline】

アミノ酸の一種で遊離アミノ酸に分類される。1930年に日本でスイカから発見された。尿素サイクルの中でアンモニアを分解する働きを担っている。
主にスイカやキュウリなどのウリ科の植物に多く含まれる。

Back

サプリメント

サプリメント【supplement】

正式には「ダイエタリー・サプリメント」。
食事では補うことのできない栄養素を補給する目的で作られた栄養剤で、錠剤タイプの物が多いが飲料タイプの物も増えて来ているため薬品ではなく「食品」に分類される。

Back

リコピン

リコピン【lycopene】

化学式: C40H56
カロテンの一種。赤色の色素を持つ有機化合物。βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍という強力な抗酸化力があるのでアンチエイジングやダイエット効果、美容に良いと言われている。

Back

β-カロテン

β-カロテン【beta-carotene】

β-カロテン(ベータカロテン、ベータカロチン)は色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ。体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、ビタミンAとしても効果を発揮する。
ビタミンAと同じく有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあり、野菜から摂取できるので心疾患やある種のがんのリスクが低減する。

Back

亜鉛

亜鉛【zinc】

金属元素のひとつ。元素記号はZn。
体内のあらゆる働きを助けており、骨や臓器などに非常に多くの場所に含まれている。免疫機能の補助や味覚感知・精子形成などに深く関与している。

Back

アルギニン

アルギニン【arginine】

天然に存在するアミノ酸の一種で、人の体内で生成することが出来る「非必須アミノ酸」に分類される。しかし生成されるのは成人になってからであり、幼少期や思春期だと生成することが出来ないので一定期間は「必須アミノ酸」となる。主な効果として成長ホルモンの分泌促進や疲労回復、免疫力向上などが挙げられている。

Back

アミノ酸

アミノ酸【amino acid】

生体のタンパク質を構成する成分で、人間の身体の20%はアミノ酸によって構成されている。アミノ酸は20種類存在し、体内で生成することが出来ない「必須アミノ酸」と、体内で生成することが出来る「非必須アミノ酸」で分かれている。

Back

成長ホルモン

成長ホルモン【growth-hormone】

別名「ヒト成長ホルモン」と言い、脳の下垂体から生涯分泌されている。
臓器の代謝を促し、運動するためのエネルギーとして活躍している。骨を伸ばしたり筋肉などの発達に欠かせない成分だが、老化と共に分泌量が低下していく。

Back